ラオカイのバス停 寝ながら乗車できるバス詳細情報

ベトナムと中国との国境の街であるラオカイ。ラオカイには鉄道も走っていてラオカイ駅があります。

このラオカイ駅隣のは長距離バスターミナルがあり首都ハノイでも乗り換えなしで寝ながら行けるという最高のバスに乗車する事ができる。

スポンサーリンク

 

このバス停から大人気の観光地「サパ」にも行くことができる。この高速道路はラオカイと首都ハノイを結ぶこの高速道路は2014年の9月11日に完成したとてもありがたい道路である。ハノイ〜ラオカイまでを約4時間で移動するという超高速移動が可能になった。

 

  

高速道路は新しいだけあって綺麗で段差一つない。そして最高レベルで安全な高速道路である。高速道路には車が滅多に走っていないのである。

ベトナムの首都ハノイには腐るほど車は走っているがベトナムの首都以外の街では車はほとんど見かけない。ベトナム人は車を持っていないのだ。

 

そういった理由で高速道路はガラガラで貸切状態。運転手が失禁しない限り事故る心配はない。めっちゃ安全である。

 そして大型バスなので相手の車と事故っても吹っ飛ばす側なので安全は保証されていると思って良い。さらにベトナムはスピードを出さない運転が主流。タイ人だったら180kmでかっ飛ばすだろう道路環境をベトナム人は100kmほどで運転してくれるので安全度はより高い。

 

 

ラオカイのバス停の場所・詳細

地図上の右側にあるバス停の場所。ラオカイ駅前のロータリーにバス停がある。Googleマップで確認

 

写真の左側に見えるのがラオカイ駅。この駅前ローターリが長距離バスターミナルの役目を果たしています。

写真右の建物の1階部分でバスチケットは販売しています。

 

 

ミニバンやバスなどが建物の前に停車しているのが確認できるのですぐにわかる。ラオカイは建物少なく駅前でもスカスカしている。

 

 

バス料金とチケットの買い方は?

1万ドン=48.7円

ラオカイ〜イエンバイ 13万ドン
ラオカイ〜Phú Thọ(フート)18万ドン
ラオカイ〜ハノイ 21万ドン
ラオカイ〜Thanh Hoá(タンホア)30万ドン
などなど・・・

上記価格は寝ながら行ける高級バスの価格。ラオカイからハノイで21万ドン。この表に記載されていないが、バオハまでは8万ドンで乗車できた。 

上記の料金表は逆に首都ハノイからラオカイへのバスの運賃も同等の21万ドンということを記している。

  

バスを買うチケットはコンピューター管理されていて運賃を詐欺られることはないので安心してよい。

 

 

バス停付近の売店は詐欺店が集結!

ラオカイ駅前のバス停付近にはたくさんの売店があちこちにあるがぼったくり価格なので利用しないことをオススメする。

ベトナムのペットボトルの水は5000ドン均一が基本。しかしこの近くにある売店はいづれも1万ドンと暴利な価格でしか売ってくれない。

 

 

ベトナムコーヒーなど飲むことのできる売店もあるが、利用しないことをオススメする。ぼったり相場なので良い気分はしない。

 

 

実際にここの気の良さそうな売店のおばちゃんに手招きされベトナムコーヒーを飲んだら4万ドンというぼったくり価格を請求される事になった。

ラオカイの綺麗なカフェでも22000ドンで飲む事ができるベトナムコーヒー。屋台環境で4万ドンはボリすぎである。高いと抗議したらニコニコした顔が一気に鬼の形相になったのは印象的だった。

スポンサーリンク

ベトナムのバスは上記で説明したように寝ながら行ける高級バスから乗り合いバスなどあり料金は様々。

 

 

寝ながら行けるバスの様子 

寝ながら乗車できるバスは綺麗な新しいバスと汚い古いバスの当たりハズレが大きい。この写真は当たりの綺麗な寝ながら行けるバスの様子。

 

 

足を完全に伸ばして景色を眺めながら乗車することが可能。エコノミー症候限とは無縁のバス。綺麗なシーツもついてくる。

でかい荷物は必ずバスの荷台スペースに乗車する時に預けて置いた方が良い。水やお菓子、貴重品だけは小さな袋やバックにいれて座席に持ち込むようにしないと荷物が邪魔で窮屈になってしまう。

 

 

この写真はハズレの古いタイプの車内様子。古いタイプは車内だけではなくシーツも不潔を感じるレベルだが、寝ながら目的地まで行けるので快適ではある。小さなゴキブリも多数乗車していた。 

 

 

この寝ながら乗車できるバスの車内様子がわかる動画をYouTubeにアップしたので合わせてご覧ください。

 

 



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です