ベトナムの街 ラオカイ スポットの場所・詳細情報マップ

ベトナムの街ラオカイには最高のカフェスポットが存在する。カフェスポットの規模は30件〜40件程度密集して並び「THE東南アジアのカフェスポット」と言えるほどパーフェクトな雰囲気を漂わせていてアトラクション要素としても強く最高の評価に値するカフェスポットストリートである。

地図上の左下付近にあるピンクの線で記してあるカフェスポットがこれらか説明していくラオカイの最高のカフェスポット街の場所である。GoogleMAPで確認

 

 

料金相場とベトナムっ娘のレベルはどうよ?

1万ドン=48.7円

この写真はラオカイのカフェスポットのベトナムっ娘の写真である。料金相場は30万ドンでホテル代込みとなっている。

 

 

エントリー1番 ラオカイのムチムチちゃん


ラオカイのムチムチちゃん

ラオカイ随一のムチムチを誇るムチムチちゃん。カフェ代の料金相場の30万ドンのうちホテル施設に運営費として5万ドンはこの子が契約しているホテルの取り分となる。

 

 

エントリー2番 ピッピちゃん


ピッピちゃん

愛想がよく甘い木の実を駆使して誘惑してくる。髪の毛がキューティクルだけど小悪魔系のピッピちゃん。

 

ラオカイに雨が降るとご自慢の鮮やかな紫色をした傘を差すのが特徴。むっちりボディーにおおきなパイ乙がトレードマーク。

 

 

エントリー3番 ファンファンちゃん


ファンファンちゃん

どこからどう見てもベトナム美人のファンファンちゃん。白い肌にスラッとした長い手足が特徴。

化粧を落とすとより口リ度は上昇する。ノーメイクでも可愛いルックスを持つラオカイ屈指のベトナム美人である。

 

 

黒髪のストレートロングといった完成度の高い容姿。性格も良く濃厚マクロスが可能。

 

 

エントリー4番 新人をも超える新人


新人をも超える新人ちゃん

昨日まで見かけない顔が突如カフェスポットに現れるという現象が起こるのがラオカイのカフェスポット。築地市場は魚の鮮度が抜群。ラオカイは娘の鮮度が抜群。そういう事である。

新人ちゃんは緊張のあまりスマホを用もなくいじっているふりをしたりと萌え要素は高い。次の日も探したが、えなねこの支払った30万ドンを握りしめてカフェスポット街から去っていった。また現れることを祈ってラオカイのカフェスポットを徘徊すべし。

 

といった感じでこのカフェスポット街には夜になると100人ほどベトナムっ娘が現れる。

 

店カフェスポット街の場所詳細や雰囲気を詳しく!

赤線が引いてある場所にびっしりとカフェスポットが立ち並ぶ。青い線の経路順にカフェスポット街の雰囲気を案内していきます。

 

 

ラオカイのカフェスポットはカフェ(Cafe)と書かれた場所でコーヒーが売っていない場合はカフェスポット確定ということになる。

カフェスポット系女子は写真のように椅子に座り外をボケーっと眺めたり友人と会話して時が来るのを持つのが基本スタイル。客引きは基本しない。

 

 

この辺りの民家は普通の家でもありカフェスポットとしての機能も果たしている。左側に少し見える青色のイスに注目。こういった通りの玄関にあたる場所を民家が貸し出しをして場代をもらっている。

ベトナムの家の作りは1階部分の玄関付近にはこのように売店などの商売ができるようなスペースをあらかじめ作られておりカフェスポットとしてテナントを貸しています。

 

写真でもわかるように、ベオナムの家の作りはその気になればいつでも売店や雑貨屋などができるようなスペースが設けられているのが確認できる。

ラオカイではこういったスペースがカフェスポットになって毎日元気に営業している。

 

 

実際に売店をして雑貨を売り、ベトナムっ娘も配置したるで!というダブル収入を得る民家までもが登場!

 

 

小さな通りのカフェスポット街からT字路を左に曲がるとラオカイのカフェスポットの目印ガソリンスタンドが見える。緩やかな下り坂になっている。

この写真の両サイドすべてがカフェスポットである。昼間より夜20時頃の方が人数が多くなる。

 

 

PV OILと書かれた青い看板のガソリンスタンドがカフェスポット街の目印として優秀。

 

 

地図左下のガソリンスタンドまでがカフェスポットとなる。再びぐるっと青矢印の方向に坂を登ると200mほどカフェスポット街がこの通りにズラリと並ぶ。

上記地図 緑の線の盆栽ゾーンに注目。

 

坂を登ると左側に盆栽や手入れされた木々が立ち並ぶ盆栽ゾーンにぶちあたる。

 

盆栽マニアの方どうでしょう?でかい鉢に松の木の盆栽が複数あるのが確認できる。ここまでがカフェスポットゾーンでこの先に行っても道路しかない。盆栽が現れたらカフェスポットは終了となる。

 

 

ラオカイのカフェスポット街はかなり大々的にカフェスポットを展開しておりベトナム人であればカフェスポット街だと一目でわかるのだろう。

そういった現状の様子から一応のカモフラージュとして「coffee」の看板を掲げてカフェ屋として営業している。 

 

このラオカイのカフェ屋の美人店員さんをYouTubeでお楽しみいただけます。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です