河口 7天連鎖酒店(ホテル) 公安の摘発回避が可能!

中国河口にある大手チェーンホテル7天連鎖ホテル。河口の街は外資系の企業やチェーン店などまったくない。中国人の適当な個人経営ホテルがひしめく中でチェーンホテルだとマニュルに沿った対応の安定したサービスを求めることができる

一歩外に出ればチャイナクオリティーが待ち受けている。神経を常に尖がらせておかなければ食われてしまう。そんな環境の中で唯一安心できる環境がこのホテルであった。

スポンサーリンク

河口の7天連鎖ホテル酒店上の写真の部屋はすでにえなねこが荒らした後だが、設備は新しく清潔感は最高。無料の水も2本ついくる。電源も電圧が合えば日本のプラグの形でも問題なく差し込むことができる。

そんな清潔感ある最高なホテルだが、この7天連鎖ホテルには他にも最高な点がある。

 

真実かは定かではないが、日本人宿泊客がいると中国の公安(警察)がチャイナっ娘とチチくり合っていないかチェックしてくるという噂がある。

実際にえなねこが宿泊した時にはまったく公安の公の字もなかった。さらに大手資本中国のホテル。その辺は完全に対応しているに違いない。なぜなら、このホテル自体からデリバリーピザはいらんかね?と営業をされた事があった。

 

 

img_5673-e1465378986486-1024x768河口の7天連鎖ホテルだけではなく、中国昆明の7天連連鎖ホテルを利用した時もこのようなチラシが頻繁に部屋のドアに挟まれていた。

 

中国は法律では未婚の男女は同じ部屋に宿泊してはならないという昔の法律が今でも残っている。日本同様、指折りの変☆TAI大国の中国であるが法律上はこのような厳しい決まりがある。

こういった事から日本から河口に出向く紳士は不安になり眠れぬ夜を過ごしているのも事実。幽霊は信じていないけど心霊スポットに実際行くと怖い。この心理と同じである。

 

 

img_6243しかし、そんなお悩みはもう解決。この7天連鎖ホテルに公安は来る事がないが、都市伝説である公安訪問が起こったとしても絶対に逃れることができる。

 

 

img_6230このベッドの板は持ち上がるようになっている。中を覗いてみよう。

スポンサーリンク

 

パカッ。

img_6232

img_6239なんという事でしょう。綺麗な隠れ家が現れたではないですか!ベッドの下だからホコリまみれで汚いんでしょ?

大概の人はそう思った事だろう。しかし上に板がありその上にマットレスなので密封状態が保たれていてホコリひとつなく新築のように綺麗なのだ。さらには新築によくある木の良い香りまでする。

 

 

img_6241とにかく広い。マツコデラックスでも6人入る事ができる広さ。若さ人なら15人は詰め込む事ができるのではないだろうか。

もし中国の公安が不安で毎日悪夢に唸されるという紳士は中国っ娘が部屋に遊びに来たら荷物や靴をこのベッドの下にあらかじめ入れておく。いざ自分の部屋にノックがなったら、この中に速やかに隠れて貰えば完璧に逃れることができるだろう。

 

つまり、公安がくるのは都市伝説、さらに上記で説明したことを実践することで逮捕アボーン確率は0%と言って良いだろう。無である。

 

 

7天連鎖ホテル河口(agoda)

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です