河口→ラオカイ入国。初めにするべき事まとめ

中国の街「河口」からソンホン川を跨ぐ橋を渡るとベトナムの立派なイミグレの建物が見えてくる。

 

ここでベトナムの入国手続きをしベトナムの街「ラオカイ」へと踏み入り事となる。このベトナムの街ラオカイに入国してからすべき事と注意点をまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

 

Wi-Fiのあるカフェで情報収集せよ。

入国手続きを終えイミグレの建物から出てすぐに広がるこの景気。赤い文字でマクドナルドマークの逆さをしたロゴが目立つ商業ビルが姿を表す。ガセアカナルドである。

このでかいビルはラオカイ随一の高級ホテルにもなっている。

 

 

このガセアカナルドの一角にWi-Fiが使えて雰囲気の良いカフェレストランがある。一番右のソンホン川寄りの場所にあります。(上写真の奥側)

 

 

中国国内ではGoogleが中国のネット規制により利用できないが、直線距離にして50mほどしか離れてないが、ここはベトナム。Googleの展開するサービスであるYouTube、Googleマップ、Google検索などすべてのサービスが規制なく使えるようになる。

中国の独裁国家の縛りから解放され誰もがGoogleが使える!と喜んだにちがいない。

 

 

Wi-Fiパスワードは「13888888」。店内の柱に立てかけられている。

 

 

この店は中国の通貨「元」でも支払うことができる。店員は高校生くらいの年齢のベトナムっ娘がウエイターとして働いていた。

 

 

迫り来る両替屋詐欺師を避けろ!

1万ドン=48.7円

1元=16.2円

ベトナムに入国すると必ず遭遇するのが、この両替屋。

 

 

中国の通貨「元」をベトナムの通貨「ドン」に両替しようと話を持ちかけてくる。どうせろくな事がないので、ここでの両替は控える事をおすすめする。

また、ラオカイの街では中国の「元」を利用することができるので無理してここで両替する必要はない。リフレッシュ爽快できる楽しいラオカイのカフェ街でも「元」を利用して支払うことが可能。ホテルも同様に「元」での支払いが可能となっている。

スポンサーリンク

 

ベトナムの通貨「ドン」を手に入れろ!

1万ドン=48.7円

ベトナムの通貨「ドン」はインフレしまくった形跡があり、アフリカのジンバブエドルのような桁数になっている。

主流となっている通貨は上記の紙幣6種類。この他にも200ドン、1000ドン、2000ドン、5000ドンといったケツ拭きティッシュより価値のない通貨があるが、ほぼ流通していないのが現状。

 

1万ドン=48.7円

1万ドン以下で出現率がやや高いのがこの5000ドン。この5000ドン以下の価格設定(物)は基本存在しないのがベトナムの基本。

ちなみにベトナムのペッドボトルの水が5000ドン。

 

 

ガセアカナルドに向かって左側にクレジットカードでキャッシングできるATMがありベトナムの通貨「ドン」を引き出すことができる。

 

 

1万ドン=48.7円

一度に引き出せる金額は200万ドンだと思ったが改めてこの画面を見るとother Amountとあるのが確認できる。おそらく400万ドン程度までは1度で引き出せるのではないだろうか。

ATM手数料は66000ドン。地味にくらう金額。

追記
Agri Bank(アグリ銀行)なら手数料22000ドンで最大400万ドンまで引き出せるとの情報あり。ここで説明したATMの近くにある模様。他にもこのラオカイには2箇所あるのが確認できました。

Aguri銀行場所追加情報

 

そして驚くことに200万ドンをATMから引き出しと時に出てくる紙幣は50万ドン札が4枚。

1万ドン=48.7円

200万ドンが表示されている金額の中ではMax。つまりこんな高額紙幣を使っても相手はお釣りを持っていないことが安易に予想できる。

というか全財産叩いても持ってないレベルだとも言える。それくらいベトナムのラオカイの物価は低く貧しいのである。

 

じゃあ、どうするか?

近くの銀行で紙幣を両替してもらう事ができる。

 

 

英語堪能なエリートベトナム銀行員が対応してくれる。両替手数料は無料。詐欺られることはないので安心して取引してよい。

両替する紙幣の単位は5万ドンがオススメ。細かすぎるとすごい紙幣の量になるので注意。

 

 

中国の通貨「元」を「ベトナムドン」などの外貨を両替することはできないので注意。

ベトナムの高額紙幣を細かい紙幣に崩すことができるということなので勘違いしないようにしましょう。

 

 

オススメの両替方法は5万ドン紙幣に交換してもらうのがベスト。この紙幣の単位ならば買いものをした時に煙たがられずに確実に釣り銭を受け取ることができる。

 

 

この写真は両替ができる銀行がある場所から撮影した写真である。上の写真の紫枠の背面が両替のできる銀行がある。赤枠ガセアカナルドやWi-Fiの使えるカフェがある場所となる。

そして写真右側の黄色枠の少しだけ確認できる建物がベトナムのイミグレーションのビル。中国(河口)からベトナムに入国した時にこの建物から出てくる事となる。

 

 

バイクタクシー・四輪タクシーの確保場所は?

この写真からも確認できるように車が多く停車している付近にある赤いパラソルの近くにタクシーが数台あるのが確認出来る。

 

 

この場所には四輪タクシーだけではなく、バイクタクシーも待機しているので価格交渉をしっかりとして行き先まで向かいましょう。

 

 

現在地は地図上の国境ラオカイ。ピンクの線のカフェ街に行きたいのであれば距離は約1.5kmで所要時間は5分程度。価格相場は30万ドンとなる。

1万ドン=48.7円

バイクタクシーにはラオカイシティーホテルと伝えれば近くまで行くことができる。

 

 

近くには安心できる高級ホテルが健在!

ガセアカナルドがある商業施設の上にある高層部分が実はラオカイ随一の高級4つ星ホテルのサパリーホテルとなっている。

 

 

サパリーホテル (Sapaly Hotel Lao Cai)
3500円程度

1万ドン=48.7円

ラオカイには20万〜40万ほどで宿泊できる安宿が多数あるのでわざわざこの高級ホテルを選ぶ必要もあまりない。

 

 

セキリュティーに不安を感じたり潔癖の人にはこういった高級ホテルは利用価値が高いが他の安宿(40万ドンクラス)でも十分安全だと言える。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です